歯科の先進技術で綺麗な歯を取り戻す|自信が持てる歯に変身

目立たずに綺麗にする

白い歯

人に見られない治療

歯並びが悪いけど、矯正装置をつけるのが嫌で治療を諦めている方は多いです。そんな方におすすめなのが、歯の裏側矯正です。この裏側矯正とは文字通り、矯正装置を歯の裏側に付ける治療のことです。矯正装置が表から全く見えないので、周りの人の視線に晒される事がないです。そのため、ストレスを感じることもなく、歯並びを綺麗にできます。この裏側矯正には、その他にも利点があります。それは、食事の際も気兼ねなく楽しめることです。矯正装置が表についていると、装置の間に食べかすが挟まっていないか気になります。なので、食事を食べる際も気を使う必要がありました。しかし、裏側矯正では歯の裏側に装置があるので、そんな心配がないです。裏側矯正の治療期間は、通常1年から3年くらいと表側の矯正と変わらないです。興味があれば、気軽に問い合わせると良いです。

治療の際の注意

裏側矯正は、矯正装置が見えないので非常に便利な治療法です。しかし治療を始めるにあたり、いくつか不便に感じることもあります。その一つ目は、矯正装置を装着したばかりの頃は食事で少し痛みを感じます。徐々に慣れていくので、大抵の痛みは数日くらいでなくなります。その他にも、矯正装置をつけると最初は話しにくくなります。というのも、舌を歯の裏側にあてて発音する言葉の場合、装置が邪魔になるからです。そのため、装置に慣れない頃は少し不明瞭な発音になってしまいます。しかし、練習をこまめに毎日続ける事でどんどん慣れていきます。それでおよそ数ヶ月くらいの期間が経てば、普段どおりの発音で話ができるようになります。